ページトップへ

注文住宅の品格|春日井の注文住宅は丸七ホーム

住まいの品格って何だろう

注文住宅の品格について

一生もの

いろいろな注文住宅があります。様々な工法があり、デザインがあります。どれが正しいとか、正しくないとかは、一概には言うことができません。

けれど、長年注文住宅づくりに携わってきた経験から言うと、住まいには品格のあるものと、そうでないものがあると思います。私達がめざしているのは、むろん前者の方です。

では、どうすれば住まいに品格を与えることができるのか。
それは「本物を追求し続ける」ということに尽きると、私達は思っています。材料、工法、設計、施工、設備・・・。あらゆることに対して、真正面から向き合い、心からいいと思える物事だけを、丁寧に着実に積み重ねていくこと。そして、細かくて地道な努力を厭わないこと。

かつて日本には「一生もの」という、ものづくりの誇りをこめた言葉がありました。マルシチの注文住宅は、その「一生もの」の精神を現代に受け継ぐ家です。「ほんもの」を求める多くの皆様に、ぜひ私達の家づくりを見ていただきたいと思います。