ページトップへ

外断熱、基礎外断熱で建てる|春日井の注文住宅は丸七ホーム

2 マルシチの家は外断熱

2 マルシチの家は外断熱

四季のある日本に最適な家とは

四季のある日本に
最適な家とは

四季を通じて温湿環境が大きく変化する日本。古来、日本の家は「夏を旨とすべし」とされ、風通しのいい家が良しとされてきました。その結果、冬は寒さを我慢せざるを得ない時代が長く続いたのです。

近年になって「断熱」という概念が生まれ、気密性の高い住宅が登場すると、今度は結露やカビが構造材を腐らせたり、シックハウスを誘発するなど、大きな社会問題が起こりました。どうすれば外気温や湿度の影響を受けにくい家をつくることができ、快適な住み心地と、住まいの長寿命化を実現することができるのか。

丸七ホームではその一つの答えとして、外断熱(基礎外断熱)の高気密・高断熱(※1)をベースに、二重通気工法を採り入れた住まいづくりに取り組んでいます。

※1 高気密・高断熱

マルシチの家では気密テストをはじめ種々の検査を行い、具体的なデータで建物の性能を示しています。いつでもご説明しますので、お気軽にお尋ね下さい。

お問い合わせ

マルシチの家は外断熱&二重通気

マルシチの家は
外断熱
二重通気

外断熱(基礎外断熱)とは柱の外側に断熱材を張ること。つまり、家を断熱材ですっぽりと覆うことで、外断熱(基礎外断熱)による魔法瓶のような効果を生み出します。気密が非常にとりやすいのも特徴です。一方、充填断熱の場合は、柱と柱の間に断熱材を入れるので、柱のあるところは断熱が途切れ、そこから熱が漏れやすくなります。気密性能も低くなります。

二重通気とは外断熱(基礎外断熱)ならではの工法で、内装材と断熱材の間を内側通気層、断熱材と外装材の間を外側通気層と呼んでいます。2つの通気層を通して室内と躯体内の両方に空気が通り、湿気や結露から建物を守ります。充填断熱の場合は、柱と柱の間を断熱材が埋めているため通気層を設けることはできません。
また、充填断熱の場合、柱が内外両方の空気に触れてしまいます。そのため、内外の温度差による結露の発生や木材の歪みの原因になる恐れがあります。
マルシチが充填断熱を採用せず外断熱(基礎外断熱)を使う理由もこれらにあります。


外断熱&二重通気

大切な床下とサッシの話

大切な床下
サッシの話

私達が外断熱(基礎外断熱)を採用しているもう一つの大きな理由に、床下の環境がよくなることが挙げられます。

家ごと断熱材で覆われているということは、床下も例外ではありません。その結果、一年を通して床下の温度はほぼ一定になり、躯体内の通気層から床下に流れ込む空気によって、木材は湿気から守られます。

ご存知のように床下は家を支える土台の部分。木材の腐食やシロアリの被害に最も注意が必要な場所です。そこが常に乾燥しており、シロアリの嫌う気流が流れ込んでいる状態であることは、住まいにとっては大変好ましいことなのです。

ところでみなさんは、住まいの中でもっとも熱を逃がしやすく、また取り込みやすいのはどの部分かご存知ですか?答えは窓。いくら外断熱(基礎外断熱)を施しても、窓が普通のアルミサッシであれば、そこからどんどん熱が移動してしまいます。

また、室内と戸外の温度差による結露も大きな問題です。丸七ホームではそのような事態を防ぐため、高性能断熱サッシとペアガラスを使用しています。高耐候性硬質塩ビ(PVC)のフレームに空気層12mmのペアガラスを組み込み、断熱効果ばかりでなく、結露や凍結の防止にも威力を発揮します。

快適な住環境のためには、しっかりとした外断熱(基礎外断熱)施工で高気密・高断熱の建物をつくり、さらに細かい部分にこだわって材料や設備を吟味することが、とても重要なのです。

空気の流れが妨げられないよう基礎の形状を工夫することで、優れた床下通気性を発揮。また基礎の外周部を断熱材で覆っているため断熱性が高く、四季を通じて地熱を利用できる

樹脂サッシ断面
樹脂サッシ断面
樹脂サッシ断面

PVCを溶接加工することで窓枠が一体構造となり、高度な気密性と水密性で風雨から住宅を守ってくれる。
ペアガラスとの組み合わせで遮熱性にも優れている。

基礎外断熱+物理的防蟻処理

配管部及び玄関土間打ち継ぎ部、
ターミメッシュ施工

 

丸七ホームでは薬剤を使用しない防蟻対策を信条としています。

基礎外断熱の外側に、収縮がほとんどない特殊断熱パネルを隙間なく密着させ、土中からのシロアリの侵入を物理的に防ぐTDP工法(ターミメッシュ+特殊断熱パネル)もその一つ。

さらに丸七ホームオリジナルの空調システム「MaHAtシステム」が、シロアリにも有効であることがわかりました。

配管部及び玄関土間打ち継ぎ部、
ターミメッシュ施工

 

詳しくはMaHAtシステム