つくり手の顔が見える
仕事へのこだわり。

PROUD OF OUR WORK

どんなにテクノロジーが進化しても、最終的に家をつくるのは人の手です。
丸七ホームでは、新しい技術を日々研究する傍ら、長年にわたって積み重ねてきた知識をもとに、確かな技術と正確な施工を行う自社大工を育成し続けています。匠の魂をもって、お客様の家を一棟一棟丁寧につくり上げる職人たち。人の手でつくられたからこそ感じられる家の息遣いを、ぜひ感じてください。

つくった人の顔が見えるように、マルシチの家は腕利きの大工が建てます。

丸七ホームでは「誰が家をつくるのか」ということに、ずっとこだわってきました。

プロの目からみても、マルシチの家の施工は大変です。構造検査や気密テストなど、様々な検査を数回にわたって入念に行うため、一つひとつの作業を、丁寧に的確にこなせる大工でなければ務まりません。単に腕が良いだけでは務まらないのが、マルシチの家の現場なのです。

美濃白川大工の伝統“真摯で几帳面”

日本最古の歌集である万葉集の中で、高度な技術と仕事にむかう真摯な姿勢が歌われている飛騨の匠。その飛騨の匠の流れを汲むと言われているのが、美濃白川大工です。

丸七ホームの家を建てるのはまさにこの「美濃白川大工」です。正確無比、隠れてしまうところにも絶対に手を抜かない仕事ぶりは、先人のDNAを受け継いでいるようです。

「下地に手をかけることで、仕上がりをより一層綺麗にする」という、素人目には一見わからないようなこだわりもしっかりと伝わるようで、丸七ホームの大工達のファンになってくださる方もたくさんいらっしゃいます。
現場を見ていた近所の方からお声がけいただく事も、何度もありました。

丸七ホームのかけがえのない、真面目で嘘のつけない大工達。職人が作りあげるとても美しい家を、ぜひあなたもその目で確かめてください。

News

その他の新着ニュースへ
Page Top