中庭を囲む開放的なLDが自慢の家【MaHAt の家】

LDK

敷地面積 : 483.24㎡(146.18坪)

延床面積 : 165.72㎡(50.13坪)

家族構成 : ご夫婦+お子様2人

竣工 : 2012年3月

所在地 : 愛知県額田郡幸田町

間取り : 4LDK

階数 : 2階建て

デザイン :

  • 洋風

カテゴリー :

  • 2階建て(吹き抜けあり)

建物の特徴 :

  • 外観
  • リビング
  • ダイニング
  • 和室
  • 洋室
  • 玄関
  • 階段
  • 子供室
  • バスルーム・洗面脱衣室
  • トイレ
  • その他

S様の家づくりエピソード
ご主人のお仕事の関係で、海外での生活が長かったS様。
住まいづくりも、赴任先の中国からでした。詳細な打合せは、メールや郵送でのやり取りと一時帰国されるタイミングで行いました。

お住まい訪問記

≪海外にいながら日本で家を建てる≫
S様の家づくりは、中国に住まいながらのスタートでした。

任期5年の海外赴任のラスト1年。
春節(中国のお正月)のお休みを利用した一時帰国の間に、ハウスメーカーのモデルハウス見学から家づくりをスタートさせました。

家づくりの2大要望は、「木の家」で「全館空調」を組み込んでいることでした。
木の家だけど、全館空調を組み込めなかったり…、なかなか、この2つを同時に叶えられるハウスメーカー・工務店を見つけることができませんでした。

そんな中、奥様のお父様が娘家族の家づくりを心配し、丸七ホームに相談にみえました。実は、昔、丸七ホームが奥様のご実家を建てさせていただいたのです。もともと木の家づくりをしていることはご存知だったお父様でしたが、体感モデルハウス「木楽」をご見学された時、初めて丸七ホームが全館空調を組み込んだ住まいづくりをしていることを知ります。

「父から、丸七さんの話を聞いてコレは!!と思いました」

≪なぜ全館空調を望んだのか?≫
中国赴任の前に、スペインにも5年間滞在していたS様。

「中国・スペインどちらの家も、冬でも家の中は暖かく、日本の寒い住宅とは全く異なりました。特に中国は、冬の寒い日には外気温が―10℃を下回り、外に出る時は信じられないくらいの厚着になります。それなのに、屋内は床暖房で暖かいのです」

「自分が家をつくるなら、全館空調を取り入れようと思いました」

≪丸七ホームでの家づくり開始!≫
2011年5月、お父様と一緒に初めて奥様が丸七ホームに来社されます。

「間取りの要望もだいたい決まっていたこともあり、トントントンっと話が進みました」

9月には着工し、中国の秋の連休(国慶節、中秋節)に合わせた上棟の際には、家族揃って餅まきを行いました。

「ご近所には事前に知らせていましたが、当日は沢山の人に来ていただき、盛大に行うことができました。屋根から、お餅やお菓子を撒くことに少し気が引けてしまいましたが・・・(笑)」

実は、ご主人が建築中に帰国されたのは、この1回のみ!

「スタッフの皆さんがとても熱心で、信用しきっていましたので、全く不安はありませんでした。会社の同僚から、本当に大丈夫?って聞かれたくらいです」

「住み始めてからも、こうすれば良かった、ああすれば良かったといった不便さもありません。丸七さんで建てて良かったですね」

≪ 家族の思い出がたくさん詰まったインテリア≫
嫁入り道具の食器棚は、実は家具職人であるお父様の手づくり品。この食器棚から、S様邸のインテリアコーディネートが始まったと言っても過言ではありません。

食器棚の他にも、新居に合わせ、TVボードをはじめとした家具をいくつもお父様が製作されています。家に合わせたオーダーメイドですので、どれもピッタリきれいに納まっています。

また、手づくりの家具に飾られた品々は、家族の思い出がいっぱい!

「スペインでは、ジャドロ(リヤドロ)の陶器、モザイクタイルの置物やスペインタイルのネームプレートなど、中国では、農民画や段通の敷物を新居に飾りたいと思い、少しずつ購入していました」

これからも、ご家族の思い出がお父様のつくった家具に彩りを添えていくのでしょうね。

LDK

DK

≪住み心地実感!≫
3月に引っ越されてから、ちょうど半年。住み心地は、いかがでしょうか?

「夏の夜、外は蛙の鳴き声がとてもうるさかったのですが、この家は気密性が高く、外の音が気にならないので、ぐっすり眠ることができました。今までの家だったら、なかなか寝付けなかったですね(笑)。

また、24時間換気の外気フィルターを掃除する時に、思った以上に真っ黒に汚れていて驚きました。幸い、我が家にはアレルギーの家族はいませんが、実際に空気の汚れを目で見ると怖いですね。

あと、住んでいるとなかなか気が付かないのですが、他の人から言われて、確かに!と思うエピソードもいくつかあります。ご近所の方がみえた時に、玄関先が涼しいことに驚かれたり、友達がトイレが暑くないことにびっくりしたり(笑)。子供達が戸を開け放しにして、コラー!って怒ることもなくなりましたね(笑)」

≪中庭で過ごすひと時≫
LDに面したウッドデッキは、人目を気にしないで過ごせるプライベートな空間。
天気の良い日には外でお茶をしたり、友人を招いてバーベキューも楽しみました。

庭づくりは、少し涼しくなってから。数年が経ち、庭木が育ってくると、より気持ちの良い空間になりそうです。

中庭

建築中レポート

Page Top