ページトップへ

冬こそ注意したい「温度のバリアフリー」 | 家づくり豆知識|春日井の注文住宅は丸七ホーム

お探しのキーワードで検索

家づくり豆知識

バリアフリー

冬こそ注意したい「温度のバリアフリー」

12月に入ると共に寒さが一段と厳しくなりました。

この季節、気を付けなければいけないのがヒートショックです。
特に多く発生するのが入浴時のヒートショックです。中でも、お年寄りの占める割合がとても高く、脱衣室と入浴室の温度差をできるだけ少ないように暖房するなど、適切な対策が必要となります。

入浴に伴う血圧の変動

①暖かい部屋から、寒い脱衣室で衣服を脱ぐと体から熱が奪われないように毛細血管が収縮し、血圧が上昇します

②浴槽に入り熱い湯に触れると交感神経が緊張するため、血圧が急激に上昇します

③浴槽内で肩までどっぷり湯に浸かると、水圧により心臓に負担がかかり、さらに血圧が上昇します

④その後、浴槽内で体が温まると血管が拡張し、血圧が急激に下降します

⑤浴槽から上がると水圧がかからなくなるため、血圧は下降します

⑥入浴後、脱衣所が寒いと温まった体が冷えるため、熱が奪われないように再び毛細血管が収縮し、血圧が急激に上昇します

①~⑥の小さな動きで、急激な温度変化が短時間のうちに起こり、これに伴って、血圧の急激な上昇や下降が引き起こされます。これを、「ヒートショック」といいます。

「ヒートショック」は体に大きな負担をかけるため、冬の入浴中に起こる突然死の大きな要因となります。たとえば、急激に血圧が上昇した場合は脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などで死亡する恐れがあります。逆に、急激に血圧が低下した場合は脳貧血を引き起こし浴槽でめまいを生じてけがをしたり、溺れたりする危険性があります。

「マルシチの家」は温度のバリアフリー

基礎から屋根までのオール外断熱に、全館空調「MaHAtシステム」を組み合わせた「マルシチの家」は年間を通して家中どこに行っても温度差がほとんどありません。

家の断熱方法

一般的にバリアフリーと言うと、「段差」や「手摺」など目に見えるものを意識しがちですが、実は「室内温度」の変化が与える健康への影響は甚大なものです。「マルシチの家」は、この「温度のバリアフリー」にいち早く取り組んでいます。

もちろん高齢者だけでなく、「コタツから出られない」・「トイレへ行くのが億劫だ」・「朝布団から出るのが辛い」といった家族共通の悩みも解消することができます。

逆に夏場は、お風呂上がりにムシっとした感じがないため、快適な湯上りです♪

ますます寒くなるこの時期、ぜひ体感モデルハウス「木楽」&「Solana」で、温度バリアを取り除いた室内環境をご体感いただきたいです。

体感ハウス外観 エコな暮らしができる家

バリアフリー