木守りの家【マッハシステム(MaHAt System)の家】

親世帯LDK

敷地面積 : 915.00㎡(276.79坪)

延床面積 : 198.19㎡(59.95坪)

竣工 : 2020年9月

所在地 : 岐阜県揖斐郡

間取り : 2LDK+4LDK(二世帯)

階数 : 2階建て

デザイン :

  • 和風

カテゴリー :

  • 2階建て(吹き抜けなし)
  • 二世帯住宅

建物の特徴 :

  • 外観
  • リビング
  • ダイニング
  • 和室
  • 洋室
  • 玄関
  • 階段
  • フリースペース
  • バスルーム・洗面脱衣室

S様からのメッセージ

家づくりは、依頼先でほぼ決まります。デザインや間取りだけでなく、耐震、家が長持ちすること、住み心地等を考え、自分に合った、納得した依頼先を選定することが重要です。(丸七ホームさんはお勧めだと思います)

お住まい訪問記

親世帯LDK

≪家づくりのきっかけ≫
・家が古く、修繕は不可能だと思ったため
・家族の同意を得られたため

≪丸七ホームとの出会い≫
10年近く前、家を建てようと思い「『いい家』が欲しい。(松井修三氏著)」の本を読み、東海地方の会員工務店を調べたところ、丸七ホームを知りました。しばらくホームページをチェックしていると、「いい家」をつくる会脱会と、マッハシステム開発の情報を知りました。丸七ホームやマッハシステムについては直感で気に入りました。

≪マルシチの家に決めた理由≫
・体感モデルハウス「木楽」「ソラーナ」を訪問した時の木の香りと、マッハシステムの心地よさで、直感でほぼ決めました。
・以前住んでいた家は断熱がなく、夏は暑く、冬は寒い家だったため、住み心地のいい家に住みたいと思ったため。

≪家づくりで印象に残ったエピソード≫
・営業の井戸さんと設計の阿部さんが、自宅で採れた柿を美味しそうに食べていたこと。
・柿の話になると、両親・井戸さん・阿部さんが夢中になり、打合せが進まなかったこと。
・個々が持つこだわりを活かすように色々なアドバイスをして下さったこと。

≪家づくりでこだわった点≫
・親・子世帯の床材を分け、世帯別に部屋の色調を変えたこと。
・南玄関に塗り壁を採用し、和室と合わせて和モダン風に仕上げたこと。
・基礎高にし、いくらかの水害に備えることができたこと。

≪家の中のお気に入り≫
・チークと栗のアンティークの床材。階段状の壁を斜めにカットした棚。
・考え方がシンプルな外張り断熱構造そのもの。
・ウォークインクローゼットという空間ができたこと。

≪マルシチの家の住み心地≫
・夏の引渡し直前のマッハシステムは涼しく、それでいて長時間過ごしても寒くない感じがしました。今は中間期なので、マッハシステムのエアコンの温度設定を迷いますが、空気感は良いと思います。
・フィルター等の掃除が大変そう。
・システムキッチンにもう少しこだわりを持てば良かったかも。(IHが使いにくく感じます)

≪担当者へのひと言≫
営業担当:井戸 宗一郎さん
いつも明るく、丁寧で分かりやすい説明をしていただきました。

設計担当:阿部 良子さん(チームマルシチ)
生活スタイルに合ったアドバイスと提案で設計が進んだと思います。細かい要望も入れていただきました。

現場担当:井戸 和彦さん
丁寧な施工と細かな要望も聞いていただき、対応も良いと思います。

大工:細江 誠さん
朝早くから夜遅くまで作業いただき、丁寧な施工だったと思います。帰られた後、施工途中の家を覗くと、毎回きれいに掃除されており、大工道具が整頓されているのに驚きました。

チームマルシチ
・全体的に皆さん、丁寧な施工だったと思います。
・上棟の時の大工さんたちの動きが素晴らしく早く、皆さんかっこ良かったです。
・施工が暑い時期だったので大変だったと思います。ありがとうございました。

≪家づくりで不満に感じた点や改善した方が良いと思われる点、今後の希望について≫
・外断熱と内断熱の違いが体感できると良いと思います。
・重厚な基礎、施工の丁寧さ、柱・梁・筋違いの多さなど、価格に見合う家であることをアピールすると良いと思います。
・ソラーナの室内温度をホームページで表示していますが、エアコンの設定状態も表示して欲しいと思います。

建築中レポート

Page Top