Staff Introduction

営業

営業 杉山 昌弘

 光陰矢のごとしとは良く言ったもので、私が家を建ててから、早いものでもう9年目となります。

 まだ小さかった2人の娘はそれぞれ上の学校に進学し、部活に勉強に毎日忙しくしています。
 家内は仕事の傍ら娘の弁当作りから送り迎え、犬(マル)猫(フク)の世話、そしてちょっぴり私の世話と
毎日忙しくしています。
 私は社員の管理から個別営業、それから全国の工務店さんに使ってもらっているマッハシステムの
部材の受発注管理までと、毎日忙しくしております。
 なかなか家族の休みが合いませんが、たまに家族でどこかに出かけたり、食事に行ったりしています。

・・・という、日本の平凡なお父さんの代表のような私ですから、これから家を考える大半の方とは
親身に話ができ、アドバイスが出来る自信はあります。是非、すまいの事以外でも色々とお話しを
させて下さい。

営業 水谷 祐介

営業部の水谷です。
2014年に異業種からの入社してお客様に喜んで頂くことをモットーに業務に取り組んでおります。
人生の大きな買い物であるマイホームづくりを一緒にお手伝いさせて頂きます。
丸七ホームは昔ながらの木の良さと現代のテクノロジーが融合した「いい家」を皆様にお届けする自信があります。
笑顔を絶やさないようにアドバイザーとして「いい家づくり」のお手伝いをして参りますので宜しくお願いします。

営業 井戸 宗一郎

皆さん、こんにちは。
2017年春に再び丸七ホームに「ただいま」と戻ってきて、あっという間に1年半が過ぎました。
営業部の井戸宗一郎です。
20年以上も前、大学を出たばかりの私は縁あって丸七ホームの門を叩き、営業から工事へ、工事から営業へと長い現場経験の期間を挟みながら、現場が分かる営業として建築のイロハを覚えていきました。
その後、わがままを言って退職させて頂くと、自営業、いくつかの建築会社、工務店と、様々な住宅建築を経験しましたが、なぜかどこへ行って家を建てても胸につかえる想いは消えませんでした。
それは、丸七ホームの現場が、一番きれいで、細部に気を配り、科学的にも物理的にも求める温熱環境と換気・空調のバランスがとれ、一切矛盾を感じさせない、バランスのとれた工法で造られていたんだなという思いと、一緒にいると中々気付けなかった「関わる職人のレベルが高かったんだな」という思いでした。
それでも一棟一棟を丁寧に、少しでも喜んでいただけるよう気を配りながら、住宅を建てさせて頂いてきたつもりですが、こっちを取ればそっちが立たず、あっちを取ればこっちが立たず、永遠の追いかけっこをしているような感覚に陥っていきました。
幸か不幸か、そうこうするうちに以前勤めていた工務店が建築から撤退することになると、
迷うことなく丸七ホームの社長に連絡をとり、十数年ぶりの出戻りと相成りました。

当時とは違い、五十を前に体力もも気力も肌さえも衰え(笑)白髪の混じった二年目の新人のつもりで、
気持ちだけは当時より強く、丸七ホームの家づくりに関わらせてもらいたいと思います。
大切な我が家、終の棲家の建築に関れることを光栄に思いながら、これからいろいろな方の前に現れたいと思います。
お気軽に「老けた新人ですね」と笑って下さい。一緒にいい家を造るお手伝いをさせて頂きます。
どうぞ今後とも、よろしくお願いいたします。

設計

設計 加藤 俊司

一年中、パソコンor図面に向かい、流れる汗をタオルで拭いながら黙々と仕事をしているのが私です。
設計に携わって幾年かたちますが、一日一日があっという間に過ぎてしまいます。うかうかしていると私たちには欠かせない住まいは、あらゆる面で進家(化)し続けて、そのスピードに乗り遅れてしまうことを痛感しています。
「追い付け」「追い越せ」を目指して。
お客様が快適に暮らせる住まいづくりに少しでも力添えできますよう頑張っていきたいです。

設計 玉木 卓摩

学生の頃住宅設計の職に憧れ、この業界に飛び込んできましたが、その奥深さを日々思い知らされております。しかしその分お客様のご要望を形に出来た時には得も言われぬ喜びを感じます。
それが私にとっての一番の原動力です。
万人にご納得いただける提案が出来るかはわかりませんが、一人一人親身になって、夢のマイホームをお客様と一緒になって考えていきたいです。

設計 白井 大士

家というものは、土地の上に建ち土地がベースとなり、家が出来る。
そして、衣・食・住の一つの重要なツールであり、そのベースとなる
土地・地域性に合った、より良い生活動の為に日々改善していくのが家です。
それにプラスして一人一人考え方・生活習慣が違いOnlyoneである為、
多様なカタチがあります。
そのカタチを具現化する為に、土地からdesignし家、外構まで
最大限に土地パフォーマンスを活かし、計算されたディティール、空間照明・外構を設計し
お客様・営業・施工業者と共にチームとして、お客様らしい家が出来る様、満足を届けるplanを
提案させて頂きます。

工事

工事 井戸 和彦

マルシチで経験は重ねてきましたが、まだまだ満足いく仕事はできていません。

あーすれば良かった、こーすれば良かったと思う事ばかりです。仕上がりや納まりもありますが、

私がまだまだと思う事は、段取り面です。仕事は工期内で納めれますが、内容、いかに段取り良くそつ

なくこなすか。そこはまだまだですね。

この年になってもか!って思いますが、完璧はありません。この先もそれを目指します。

工事 深谷 豊

「家族」という言葉には「家」という言葉が含まれています。
僕は、「家族」にとって「家」とは重要な役割を担っているのだと思っています。
そう思うと、「家づくり」という仕事はとても誇りを持てる仕事なのだと思っています。

これから、『家づくり』を通してお客様の『家族』が笑顔で暮らせるように
という志を持ち励んでいきたいです。

2級建築士の資格はありますが、まだまだ経験・知識上で不足していることもあります。
日々学んでいき、自分の糧になるように頑張りたいです。

工事 新町 和己

2018年7月に入社しました53才の新人です。前職では、材木・内装材(新建材)・水廻り商品などの建築資材販売を26年間行っていました。そのため、ハウスメーカーや工務店で働く監督さん・職人さんたちと話す機会も多く、工法による違いも見聞きしていました。

そんな中で、第1種換気と家庭用エアコン1台で家全体の『温湿度調整・空気浄化』が可能なマッハシステムは、私の知る中ではどの住宅会社にも負けない最高の工法だと思いますし、「いい家」づくりの大変重要な要素だと確信しています。丸七ホームには「いい家」をつくるために必要な知識・経験・実績があります。

前職では丸七ホームと仕事上の取引があり、大ファンの一人でしたが、これからはチームマルシチの一員として恥じぬよう、材料や商品などの知識を活かし、お客様の「いい家」づくりのお役に立てるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

総務

総務 杉山 浩子

40℃を超える日もあった暑い夏から秋へと一気に変化。
地球温暖化のせいか、季節の移り変わりを楽しむ期間が短くなってきているように感じます。

「マルシチの家」も夏仕様から秋仕様に住まい方を変えるタイミングです。冷房をOFFにして、エアコン内部の結露を十分に乾燥させるために一定の送風運転期間を設けてから、エアコンの運転を停止します。24時間換気のみで過ごせる爽やかな季節の到来です!

この期間中にオススメしているのが、エアコン室内機の洗浄です。「マルシチの家」では第1種換気システムにより、窓を開けなくても絶えず宅内に新鮮な空気を採り入れていますが、その空気を温度調整しているエアコン本体が汚れていたとしたら、本末転倒になってしまいます。そのため、日常のお手入れにプラスして、3年に1度は室内機の分解洗浄をオススメしています。

爽やかな秋が過ぎ去ると、暖房が欠かせない寒い冬が訪れます。冬が来る前に、もしエアコンの臭いや異音など気になることがありましたら、一度ご検討ください。

さて、話は変わりますが、弊社代表の「家づくりの想い」が2018年7月に1冊の本となり出版されました! なぜ木造金物工法を採用しているのか、なぜ外断熱の高気密高断熱住宅にこだわっているのか、どうして全館空調「マッハシステム」を開発することになったのか…。単純に出来合いの工法を採用するのではなく、ポリシーを持って家づくりに取り組んできた代表の長年の想いや経験が書かれています。

ぜひお手に取って、ご覧いただければ幸いです(*^-^*)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「家族みんなが笑顔で楽しく暮らせる家」
これが私の家づくりのモットーです。

マルシチの家に住まわれるお客様一人ひとりが、笑顔で楽しく、永く快適に暮らせるよう、丸七ホームの「縁の下の力持ち」であれるよう日々奮闘中です!

また、ドイツから直輸入でお届けするベッカーマンキッチンの担当もしています。ベッカーマンで提案するのは、個性やライフスタイルに合わせたキッチン。既成のプランは一つもありません! キッチンのご不満やご要望などをお伺いしながら、お客様と一緒にオーダーメイド仕様のキッチンをつくりあげていきます。

今まで、コーディネーターとしてお客様の住まいづくりに携わってきましたので、その経験も活かしながらのご提案ができると思います。また、愛犬との暮らしを考えていらっしゃる皆様には、愛犬家住宅コーディネーターとして愛犬の行動を考えた間取りやディテール提案もできますので、お困りのことなどございましたら、ぜひご相談下さい!

そして、ご縁あって今年は愛猫家住宅の設計もさせていただきました。立体的に動く猫の生活について調べることはとても楽しく、住まいにも猫ちゃんだからこそのデザインが生まれました。今後は、犬猫限らず、ペットとの暮らしを楽しむ住まいを皆様と共に考えさせていただきたいです!

【保有資格】
二級建築士、インテリアコーディネーター、キッチンスペシャリスト、愛犬家住宅コーディネーター

総務 波多野 恭子

子供が小学校に入学し、落ち着いて来たのをきっかけに、仕事を探していましたところ、運命かのように丸七ホームに出会いました。社長をはじめ、みなさんとても親切で明るく楽しい職場です。
趣味と言えるものがなく、子供のママさん友達とおしゃべりするのが楽しいと感じる今日この頃です。ママさん達のネットワークはすごいですね! いったいどこから情報を仕入れてくるのって思いながら、いろいろ役に立つことを教えてもらっています。

やはり人との繋がりって大事ですね! 住まいづくりもお客様との信頼関係が大切だと思っております。お客様とは電話でしかお話する機会がなかなかありませんが、いつも誠意を持ってお応えできるように心掛けていきたいです。

大工

大工 高木 稔

一生忘れられないような出会いが、この仕事にはありますよ。
 大工仕事で気をつけているのは「きれいな仕事をする」ということ。で、きれいな仕事をするために必要なのは「段取りと工夫」なんですよ。何事も段取りよく、工夫しながらこなしていくと、きれいな仕事ができますね。

  丸七で仕事をしていて感じるのは、お客様がいい方ばかりだということ。家づくりにこだわりのある人が多いのですが、みなさん現場の職人に、とても気を遣ってくださいます。

  先日も昼寝の枕まで作ってくださったお客様がいらして、嬉しかったですねえ。大切に家に持ち帰りました。一生忘れられないようなお客さんとの出会いって、この仕事をしていると確かにありますよ。

大工 藤井 直樹

丁寧で細かいのが自分の流儀です。
 性分なんでしょうか、急かされるのがだめ。掃除でもなんでも丁寧で細かいとよく言われます。僕としてはきれいな仕事がしたいだけなんだけど、人がみるとゆっくりにみえるんじゃないかな(笑)

 大工になった当初はこの仕事がいやでねえ。22歳で、一人前の大工と認められるための「建前」をさせてもらったんですが、達成感よりももうやりたくないという気持ちの方が強かったくらいですから(笑)

 マルシチの家は細かい作業が多いので面白いですしね。高木棟梁みたいになりたいなというのが僕の目標なんですよ。そうそう、この前、お客様の子どもさんが手紙をくれてね。「かいだんをつくる時がかっこよかった」と書いてありました。ぼくの大切な宝物です。

チームマルシチ

協力会社

大工

設計士

Page Top